・メイキングを描かせていただきました。

アナログ絵師たちの東方イラストテクニック

アナログ絵師たちの東方イラストテクニック


2/28に発売予定のホビージャパン刊「アナログ絵師たちの東方イラストテクニック」に

我流水墨画のメイキングの記事を描かせていただきました!

本の内容については、amazonの説明をそのまま引用して

末永く愛される東方Projectのキャラたちは、じっくり描きたいアナログ派のあなたにピッタリ!

皆さんご存じの通り、東方Projectにはゲーム、音楽、小説など多数の作品があります。その人気は根強く、いまだ勢いは増す一方です。
その魅力はなんといっても登場するキュートなキャラクターの存在でしょう。多くのファンが彼女たちに親しみを持って二次創作として描き続け、同人誌などで発展し続けているのです。
そして「描く」ということを考えると、東方Projectの世界が持っている、ちょっと古風で懐かしいその印象は、水彩や油絵、コピックなどのアナログの絵の手づくり感にマッチしていると感じる人も多いようです。
キャラクターに息吹を与えるべく、心を込めて線を引いたり絵具を置いたりする作業は、アナログ手法ならではの充実感が味わえることでしょう。
本書は、洋画家であり絵画実技指導者である三澤寛志が、数年前からすっかり魅了されてしまった東方Projectのキャラたちを、著者同様にアナログ制作を続ける15名の絵師たちとともに盛りだくさんに描き、アナログ手法の良さや楽しさを、皆さんに少しでも理解していただくことを願った一冊です。
お気に入りの東方キャラを、お気に入りの画材で、心の趣くまま、もっと深く楽しみましょう!

 

という内容になります。私は白黒ですが、他のメイキングを描かれた方は本当に素晴らしい人たちで、

是非見ていただきたい本になっています。

 

・描かせていただいた水墨画について

東方水墨画「天狗散策図」

東方水墨画「天狗散策図」

本には、上の「天狗散策図」のメイキングを描かせていただきました。

上の写真は一部分を切り取ったもので、実際はもっと大きい絵になります。

メイキングの内容については、

私の水墨画の描き方を解説させていただきました。

この本を読んで、水墨画をしていただける人が増えればとても嬉しく思います。