ここは、水墨画サークル「1年3組たかはる」のホームページ「教室/1年3組」です。サークル主は、たかはると申します。
主に水墨画のアップロードと、絵に対しての考察、お仕事情報の更新を行っていきます。

私の絵を挿絵やお仕事で使いたい方は、遠慮なくtakaharuti@gmail.comまでご連絡下さい。

個別の水墨画の販売等も連絡していただければ対応致します。

考察
スケッチの話。その3「パースの意識」

スケッチの話。その3「パースの意識」

その1「適当力」 その2「要点の抽出」 の続きです。 今回は、スケッチをするときに意識をするだけで変わる、簡単なコツみたいなものを書かせていただきます。   絵には「消失点」や「アイレベル」というのがあるというのをご存知でしょうか。 「消失点」とは、実際のものでは平行線になっているものを平行でなく描く際に、その線が交わる点である。(wikipedea) 「アイレベル」とは、人が立った時の […]
スケッチの話。その2「要点の抽出」

スケッチの話。その2「要点の抽出」

  前回の記事で、「適当力」についての記事でした。 では、「適当力を上げて、人に伝わる絵を描く」という話をこちらでしたいと思います。   そもそも、「人に伝わる絵」とはなんなのかっていうことなんですが、 私が思うのは「画面のモチーフが風景通りに配置されている絵」です。 細かいところはいらないのです。例えば、葉っぱの一枚一枚。そこまで描かなくても見てる人は 「ああ、これは木なんだ […]
スケッチの話。その1「適当力」

スケッチの話。その1「適当力」

  最近企画している、京都に出ての観光スケッチに行ってきました。 そして、スケッチをやっている時に気づいた「適当力」について話したいと思います。 「適当力」とは私がさっき作った造語で、「ある条件・目的・要求などに、うまくあてはめる力」のことを指します。 決して「やり方などが、いいかげんであること。」 で使ってはいませんので、ご注意を。 (参考 http://dictionary.goo. […]
自分が見えている未来の自分

自分が見えている未来の自分

珍しくすごい意識高そうなタイトルにしてみました。絵の師匠的な人に最近いわれた、「たかはるの絵の目指すところが本人にしか見えていないからアドバイスが出来ない」という話を受けてちょっと思っていたことを言葉にしたいなぁって「自分の目指す絵」ってなんだろうなぁ自分の中で言葉にしておくと、向かう向きがわかって成長しやすいのかなぁ?でも回り道も全然いいとおもうんだよな。特に俺なんて回り道しかしてないからなぁ最 […]